NBAファイナル

【NBAファイナル2011】ダラス・マーベリックス VS マイアミ・ヒートの試合結果や流れを詳しく解説!

皆さんこんにちは!

NBA好きブログライターのおしょうサンドです。

 

NBAはバスケットボール界において間違いなく世界最高のリーグです。

国際バスケットボール連盟(FIBA)によると全世界のバスケットボールの競技人口はなんと4.5億人。

これはバレーボールの5億人に次いで全スポーツの中で2番目に多い数字です。

にもかかわらずNBAでプレイをすることができる選手はたったの450人。

その確率は脅威の0.0001%。

例えではなく「ほんの一握り」しか所属することができないリーグなんです。

そんな所属するだけで天才と言われるリーグに所属する選手たちが求める高み、それが「NBAチャンピオン」の座です。

本物の天才たちが死に物狂いで努力を重ね、それでもなお生涯に1度も届かない選手がいる頂。

そこを目指す選手たちが本気でぶつかるからこそプレーオフ(NBAの決勝トーナメント)では数多くの伝説が生まれるんです。

特にその年のチャンピオンを決める戦いである「NBAファイナル」はどの年も世界最高の試合が行われます。

今回はその中から「NBAファイナル2011 ダラス・マーベリックス VS マイアミ・ヒート」の対決をご紹介しましょう!

NBAをよく知らないという方にもわかりやすく説明していきますのでぜひ最後までお読みくださいね!

それではティップオフ!!

 

NBAファイナル2011に出場したチームの背景を知ろう!

2011年NBAファイナルは ・カンファレンスチャンピオンの「マイアミ・ヒート」と ・カンファレンスチャンピオンの「ダラス・マーベリックス」の戦いでした。

まずはそれぞれのチームの背景から見ていきましょう!

 

ダラス・マーベリックス

2010-2011シーズン ファイナルまでの試合成績
レギュラーシーズン 57勝25敗(カンファレンス3位)
プレーオフ1回戦 4勝2敗(VS ポートランド・トレイルブレイザーズ)
カンファレンス・セミファイナル 4勝0敗(VS ロサンゼルス・レイカーズ)
カンファレンス・ファイナル 4勝1敗(VS オクラホマシティ・サンダー)

「ダラス・マーベリックス」は に拠点を置くチームです。

エースは”片足フェイダウェイ”で得点を量産した「ダーク・ノビツキー」。

この年のマーベリックスはダーク・ノビツキーやジェイソン・キッド、ショーン・マリオンなどのスーパースターの周りにジェイソン・テリーやタイソン・チャンドラー、ペジャスト・ヤコビッチなどの優秀なロールプレイヤーで固めた布陣でレギュラーシーズンに臨みました。

レギュラーシーズンを57勝25敗のカンファレンス3位で終えると、プレーオフでは1回戦にブランドン・ロイ率いる「ポートランド・トレイルブレイザーズ」を、準決勝ではコービー・ブライアンととパウ・ガソルの「ロサンゼルス・レイカーズ」を、決勝戦でケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルックを要する「オクラホマシティ・サンダー」を倒し、NBAファイナルに進みました。

 

マイアミ・ヒート

2010-2011シーズン ファイナルまでの試合成績
レギュラーシーズン 58勝24敗(カンファレンス2位)
プレーオフ1回戦 4勝1敗(VS フィラデルフィア・76ers)
カンファレンス・セミファイナル 4勝1敗(VS ボストン・セルティックス)
カンファレンス・ファイナル 4勝1敗(VS シカゴ・ブルズ)

「マイアミ・ヒート」はフロリダ州マイアミに拠点を置くチームです。

エースは”キング”レブロン・ジェームズ。

この年は「レブロン・ジェームズ」「ドウェイン・ウェイド」「クリス・ボッシュ」の”スリーキングス”が結成して最初のシーズンであり、意図的に強力な選手同士が結託したことで他チームのファンから避難を浴びながらもスタートしたシーズンとなりました。

レギュラーシーズンを58勝24敗のカンファレンス2位で終えると、プレーオフでは1回戦にアンドレ・イグダーラ率いる「フィラデルフィア・76ers」を、準決勝ではピアース・アレン・ガーネットの「ボストン・セルティックス」を、決勝戦でデリック・ローズ要する「シカゴ・ブルズ」を倒し、NBAファイナルに進みました。

 

NBAファイナル2011の出場選手

次にNBAファイナル2011で各チームに所属していた選手達を見ていきましょう!

 

ダラス・マーベリックスの出場選手一覧

ポジション 背番号 名前 身長(cm) 体重(kg) 生年月日
C 8 Alexis Ajinça 218 112 May 6, 1988
C 33 Brendan Haywood 213 122 November 27, 1979
SF 35 Brian Cardinal 203 111 May 2, 1977
SF 4 Caron Butler 201 103 March 13, 1980
SG 13 Corey Brewer 206 84 March 5, 1986
SG 92 DeShawn Stevenson 196 95 April 3, 1981
PF 41 Dirk Nowitzki 213 111 June 19, 1978
SG 20 Dominique Jones 193 98 October 15, 1988
C 28 Ian Mahinmi 211 118 November 5, 1986
PG 11 J.J. Barea 178 82 June 26, 1984
PG 2 Jason Kidd 193 93 March 23, 1973
SG 31 Jason Terry 188 84 September 15, 1977
SF 16 Peja Stojaković 208 104 June 9, 1977
PG 3 Rodrigue Beaubois 183 77 February 24, 1988
SF 7 Sasha Pavlović 203 100 November 15, 1983
SF 0 Shawn Marion 201 100 May 7, 1978
SF 21 Steve Novak 208 102 June 13, 1983
C 6 Tyson Chandler 213 107 October 2, 1982

※ G:ガード、F:フォワード、C:センターのこと

 

マイアミ・ヒートの出場選手一覧

ポジション 背番号 名前 身長(cm) 体重(kg) 生年月日
PG 8 Carlos Arroyo 188 91 July 30, 1979
PF 1 Chris Bosh 211 107 March 24, 1984
C 45 Dexter Pittman 211 140 March 2, 1988
SG 3 Dwyane Wade 193 100 January 17, 1982
SG 55 Eddie House 185 81 May 14, 1978
C 25 Erick Dampier 211 120 July 14, 1975
C 21 Jamaal Magloire 211 117 May 21, 1978
SF 22 James Jones 203 99 October 4, 1980
SG 42 Jerry Stackhouse 198 99 November 5, 1974
C 50 Joel Anthony 206 111 August 9, 1982
PF 5 Juwan Howard 206 109 February 7, 1973
SF 6 LeBron James 206 113 December 30, 1984
PG 15 Mario Chalmers 188 86 May 19, 1986
PG 0 Mike Bibby 185 86 May 13, 1978
SG 13 Mike Miller 203 99 February 19, 1980
PF 40 Udonis Haslem 203 107 June 9, 1980
C 11 Zydrunas Ilgauskas 221 108 June 5, 1975

※ G:ガード、F:フォワード、C:センターのこと

 

NBAファイナル2011の試合結果は・・・?

それではいよいよNBAファイナル2011の試合の結果を見ていきましょう!

10-11シーズンのNBAチャンピオンは「ダラス・マーベリックス」。

チームとしては史上初の優勝となりました。

対戦成績は4勝2敗。

詳細な試合結果は以下のとおりです。

試合 日付 アウェイ 結果 ホーム
1 5月31日 ダラス・マーベリックス 84-92 マイアミ・ヒート
2 6月2日 ダラス・マーベリックス 95-93 マイアミ・ヒート
3 6月5日 マイアミ・ヒート 88-86 ダラス・マーベリックス
4 6月7日 マイアミ・ヒート 83-86 ダラス・マーベリックス
5 6月9日 マイアミ・ヒート 103-112 ダラス・マーベリックス
6 6月12日 ダラス・マーベリックス 105-95 マイアミ・ヒート

ファイナルMVPは「ダーク・ノビツキー」。

2度目のNBAファイナル出場でついに自身初の優勝リングとファイナルMVPを手にしました。

 

NBAファイナル2011の試合の流れ

ここからは試合のさらに詳細な流れをお伝えしていきます。

ダラス・マーベリックスが初優勝をしたシーズンを一緒に見ていきましょう!

 

第1戦(84-92 マイアミ・ヒート Win)

NBAファイナルの1回戦はマイアミ・ヒートのホーム「アメリカン・エアラインズ・センター(現マイアミ=デード・アリーナ)」で始まりました。

第1試合は両者シュートが決まらず、ロースコアな試合展開となりました。

両チーム主力が点を取り合い、大きな差がつくことなく第3Qを61-65のヒート4点リードで終えます。

勝負の第4Qも互角の試合展開となりますが、マーベリックスがノビツキー1人で得点していたのに対し、ヒートは多彩な得点方法でじわじわと点差を広げ、総合力の差でヒートが勝利を掴みました。

この日ヒートはレブロンが24得点、ウェイドが22得点、ボッシュが19得点と”スリーキングス”が力を遺憾無く発揮。

マーベリックスはダーク・ノビツキーが27得点と奮闘しますが及びませんでした。

ヒートがホームで1勝をあげ、対戦成績を0-1としました。

 

第2戦(95-93 ダラス・マーベリックス Win)

ヒートリードで迎えた第2戦。

この試合も序盤から両チームが得点を決め合う接戦となり、前半を51-51の同点で終えます。

第3Qはヒートがやや有利に進みますが、点差はそれほど開くことはなく、勝負は第4Qに入ります。

しかし第4Qが始まるとこれまでとは一転、マーベリックスのシュートミスやターンオーバーなど精細を欠き、その間に一方的に殴り続けたヒートが73−88と一時15点のリードを奪いました。

終盤の大量リードで大盛り上がりのヒートホームに試合は終わったかと思われましたが、ここから試合は思わぬ展開に進んでいきます。

試合時間残り6分19秒、マーベリックスの”シックスマン”ジェイソン・テリーの活躍もありマーベリックスが17-2のランを決行。

一気に点差を詰め、残り58秒のノビツキーのレイアップでついに90-90と同点に。

その後互いに3ポイントシュートを1本ずつ決め、同点のまま試合は最終局面へ突入します。

試合時間残り3.6秒、ヒート決死のディフェンスをダーク・ノビツキーが潜り抜け、決定打となるレイアップを決めて2点のリード。

残り3秒でヒートはウェイドが逆転の3ポイントを放ちますがこれがリングに弾かれ試合終了。

ダラス・マーベリックスの大逆転勝利で幕を閉じました。

 

第3戦(88-86 マイアミ・ヒート Win)

対戦成績1-1で迎えた第3戦。

試合はまたも終盤まで同点のままもつれ込む展開となります。

前半を47-42のヒート5点リードで終えますが、第3Qにはマーベリックスが2点を詰め3点さに。

さらに第4Q開始1分30秒後には同点に追いつき、そこからは試合時間残り1分40秒まで86-86と同点のまま試合が進みました。

そこから1分間は両者シュートを試むも得点はできず、残り39秒の場面でレブロンからアシストを受けたボッシュが待望となる決勝シュートを決めヒートが2点リード。

マーベリックスは最後のシュートをエースのノビツキーに託しますが、ヒートのディフェンスの前に阻まれ試合はゲームセット。

ヒートが敵地で接戦を制し、再度リードを奪いました。

 

第4戦(83-86 ダラス・マーベリックス Win)

さらに2日後、ヒートがリードして迎えた第4戦。

この日の試合前にマーベリックスの”エース”ダーク・ノビツキーが風邪により39度の発熱が出たと報道され、マーベリックスに暗雲が立ち込めます。

しかし、体調不良を押してノビツキーが出場を決定。

そんな中始まった試合はノビツキーを他のチームメイトが支え、ヒートに力負けすることなく接戦の展開に持ち込みます。

しかし後半、次第に自力の差が出始めたのか第3Q終盤から第4Qの前半にかけて約5分間で1点しか取ることができず、その間ヒートに11点を取られ74-65と引き離されます。

試合時間残り9分58秒にようやく得点を決めますが、かなり劣勢で嫌な雰囲気のマーベリックス。

その流れを変えたのがジェイソン・テリーでした。

立て続けに得点を決めると、今度はレブロンのパスをスティールし、マーベリックスの反撃に貢献。

息を吹き返したマーベリックスは残り5分12秒でついに逆転に成功します。

そこからヒートもフリースローやウェイドのダンクなどで1点差まで詰め寄りますが、最後はテリーがフリースローをきっちりと決め残り時間6.7秒で3点差に。

ヒートは最後にマイク・ミラーが同点の3ポイントを放ちますが、これがエアボールとなり試合終了。

ダーク・ノビツキーは体調不良の中21得点11リバウンドと奮闘。

ヒートはエースのレブロン・ジェームズが8得点に終わり、重要な試合を落とすことになりました。

 

第5戦(103-112 ダラス・マーベリックス Win)

対戦成績2-2のタイで迎えた第5戦。

この一戦をとった方が優勝に王手をかける重要な試合です。

この日はこれまでの試合と違い、高確率でシュートを決め合う打撃戦となりました。

前半は序盤から両者シュートタッチが良く、60-57のハイスコアで前半を折り返します。

第3Qは序盤マーベリックスが3ポイントを連続で決め一時80-71と9点のリードを奪いますが、その後ヒートもじわじわと点差を詰め第4Q残り5分16秒ウドニス・ハスレムのダンクでヒートがついに逆転。

盛り上がるアメリカン・エアラインズ・センターにそのままヒートが押し切るかと思われましたが、マーベリックスも食らいつき残り3分23秒で100-100の同点とします。

しかしそこからヒートがシュートを決めることができなくなり、対するマーベリックスは3ポイントを連続で決めたことで残り30秒時点で一気に7点差に。

ヒートもレブロンのレイアップで5点差としますが、マーベリックスがフリースローをきっちりと決めたことで試合終了。

マーベリックスがホームで王手をかける形となりました。

 

第6戦(105-95 ダラス・マーベリックス Win)

運命の第6戦。

この日は試合前から両者バチバチな展開になります。

前の試合体調不良だったノビツキーをヒートのレブロンとウェイドが煽る様子を撮影した動画がSNSに投稿され、これにマーベリックスサイドが激怒。

試合入場時には応援に駆けつけたダラスファンからのブーイングも見られました。

そんな中始まった試合は序盤からマーベリックスがリードを奪う展開となりました。

しかし、第2Q中盤にヒートが反撃を開始し、前半を51-53のヒートリードで折り返します。

後半が始まると序盤こそヒートがリードしていたものの、マーベリックスがチーム全体で得点をとり一気に逆転してスコアは81-72とダラスが9点のリードを奪う展開に。

第4Qはヒートの反撃が期待されましたが、マーベリックスも得点が止まらず差が縮まらないまま試合が進みゲームセット。

ダラス・マーベリックスがチームとして史上初の優勝を決めました。

 

まとめ

今回は「NBAファイナル2011 ダラス・マーベリックス VS マイアミ・ヒート」の対決をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

エースのダーク・ノビツキーが風邪で熱を出しながらも試合に出場し、NBA制覇を成し遂げるという伝説のファイナルとなりました。

当時はレブロンとウェイドの煽りに腹が立ったファンも多いかと思いますが、終わってみればノビツキーの優勝をよりドラマチックにする良いスパイスだったのではないかとさえ思ってしまいます。

やはりNBAファイナルはドラマがあって面白いですね!

他の年のNBAファイナルも同じように紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください!

それではまた次の記事でお会いしましょう!

-NBAファイナル