NBAドラフト

【1999年のNBAドラフト】選手のNBA優勝・アワード・タイトル受賞の経歴

こんにちは!

NBA好きブログライターのおしょうサンドです。

 

皆さんには推しのNBA選手はいますか?

NBAには個性豊かな選手が数多く所属していますから、プレースタイルや人格、ファッションセンスなどハマるきっかけは様々ですよね!

そしてやっぱり推しの選手がいるとその選手の一挙手一投足で盛り上がることができ、NBA観戦がより楽しいものになります。

 

ではどうやって推し選手を探せば良いのでしょうか??

その答えはまず「多くの選手を知ること」です。

多くの選手を知れば、自分好みの選手に出会う確率も高くなりますよね!

ただ、いきなり全ての選手を知ることは難しいですから、まずは”スター選手”について知っていくと良いと思います。

そしてスター選手といえば、知っておくべきはその”受賞の経歴”です!

そこで今回は「1999年のNBAドラフトでNBA入りした選手のNBA優勝およびアワード、タイトルの経歴」をまとめていきたいと思います。

他の年にドラフトされた選手たちについても同じような記事がありますので、ぜひそちらもご覧ください!

皆さんの推し選手探しの少しでも手助けになれば幸いです。

それではさっそくティップオフ!

 

目次

NBAチャンピオン

全てのNBAチーム、全てのNBAプレイヤーの夢である「NBAチャンピオン」はどんな個人賞にも勝る最高の栄誉の1つです。

長年NBAで活躍するほどの実力を持ちながら一度も果たすことなく引退する選手も多くいる中で、類稀な才能と幸運を味方につけ、複数回の優勝を果たすレジェンドも存在します。

1999年のNBAドラフトにおいて、そんな「NBAチャンピオン」の栄光を掴んだ選手は9名います。

 

ラマー・オドム(Lamar Odom

2回(2009年、2010年)

 

リチャード・ハミルトン(Richard Hamilton

1回(2004年)

 

ショーン・マリオン(Shawn Marion

1回(2011年)

 

ジェイソン・テリー(Jason Terry

1回(2011年)

 

ロン・アーテスト(Ron Artest)

1回(2010年)

 

ジェームズ・ポージー(James Posey

2回(2006年、2008年)

 

デヴィン・ジョージ(Devean George

3回(2000年〜2002年)

 

フランシスコ・エルソン(Francisco Elson

1回(2007年)

 

マヌ・ジノビリ(Manu Ginobili

4回(2003年、2005年、2007年、2014年)

 

シーズンMVP(最優秀選手賞)

レギュラーシーズン中に最も優れた活躍を見せた選手に送られるアワードである「シーズンMVP」。

1956年からスタートしたこのアワードはメディア投票によって決められ、受賞者にはトロフィー(マイケル・ジョーダン・トロフィー)と自動車が贈られます。

1999年のNBAドラフトにおいて「シーズンMVP」を受賞した選手はいません。

 

ルーキー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人賞:ROY)

レギュラーシーズンに最も活躍した新人選手に対して送られるアワードである「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」。

1952年から始まったこのアワードはメディア投票により決められ、受賞者にはトロフィー(ウィルト・チェンバレン・トロフィー)が贈られます。

1999年のNBAドラフトにおいて「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したのは以下の選手です。

 

スティーブ・フランシス(Steven Francis

18.0得点、6.6アシスト、5.3リバウンドで1999年のROYを受賞しました。

 

エルトン・ブランド(Elton Brand

20.1得点、1.9アシスト、10.0リバウンドで1999年のROYを受賞しました。

 

ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー(最優秀守備選手賞:DPOY)

レギュラーシーズンにおいてNBAで最も優れたディフェンス能力を示した選手に送られるアワードである「ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」。

1982年に始まったこのアワードはメディア投票によって決められ、受賞者にはトロフィー(アキーム・オラジュワン・トロフィー)が贈られます。

1999年のNBAドラフトにおいて「ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した選手は以下の1名です。

 

ロン・アーテスト(Ron Artest)

1回(2004年)

 

モスト・インプルーブド・プレイヤー(最も改善した選手賞:MIP)

前シーズンと比較して最も成長した選手に贈られるアワードである「モスト・インプルーブド・プレイヤー」。

1986年に始まったこのアワードはメディア投票によって決められ、受賞者にはトロフィー(ジョージ・マイカン・トロフィー)が贈られます。

1999年のNBAドラフトにおいて「モスト・インプルーブド・プレイヤー」を受賞した選手はいません。

 

シックスマン・オブ・ザ・イヤー(最優秀シックスマン賞:6MOY)

レギュラーシーズンにベンチから出場し、最もチームに貢献した選手に贈られるアワードである「シックスマン・オブ・ザ・イヤー」。

1983年に始まったこのアワードはメディア投票によって決められ、受賞者にはトロフィー(ジョン・ハブリチェック・トロフィー)が贈られます。

1999年のNBAドラフトにおいて「シックスマン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した選手は以下の3名です。

 

マヌ・ジノビリ(Manu Ginobili

1回(2008年)

 

ジェイソン・テリー(Jason Terry

1回(2009年)

 

ラマー・オドム(Lamar Odom

1回(2011年)

 

クラッチ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー(最優秀クラッチ選手賞:CPOY)

レギュラーシーズンにおいてクラッチタイムにチームメイトのために最も貢献した選手に贈られるアワードである「クラッチ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」。

2023年に始まったこのアワードはメディア投票によって決められ、受賞者にはトロフィー(ジェリー・ウエスト・トロフィー)が贈られます。

1999年のNBAドラフトにおいて「クラッチ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した選手はいません。

 

ファイナルMVP

そのシーズンのNBAファイナル(優勝決定戦)で最も活躍した選手に贈られるアワードである「ファイナルMVP」。

1969年に始まったこのアワードはメディア投票によって決められ、受賞者にはトロフィー(ビル・ラッセル・トロフィー)が贈られます。

1999年のNBAドラフトにおいて「ファイナルMVP」を受賞した選手はいません。

 

オールNBAチーム

レギュラーシーズン中に最も優れた活躍を見せた選手15人を讃えるアワードである「オールNBAチーム」。

1947年に始まったこのアワードはメディア投票によって決められ、「ファーストチーム」、「セカンドチーム」、「サードチーム」の3つに分かれます。

2022-23シーズンまでは各チームがポジション別に2人のガード、2人のフォワード、1人のセンターで構成されていましたが、2023-24シーズンからはその条件が撤廃され、メディアからの得票数が高い順にファーストチームから選出されていく仕組みとなりました。

1999年のNBAドラフトにおいて「オールNBAチーム」に選出された経歴のある選手は以下の5名です。

 

エルトン・ブランド(Elton Brand

計1回

サードチーム 1回(2006年)

 

バロン・デイビス(Baron Davis

計1回

サードチーム 1回(2004年)

 

ショーン・マリオン(Shawn Marion

計2回

サードチーム 2回(2005年、2006年)

 

ロン・アーテスト(Ron Artest)

計1回

サードチーム 1回(2004年)

 

マヌ・ジノビリ(Manu Ginobili

計2回

サードチーム 2回(2008年、2011年)

 

NBAオールディフェンシブチーム

レギュラーシーズン中に守備において最も優秀なパフォーマンスを示した選手10人を讃えるアワードである「NBAオールディフェンシブチーム」。

1969年に始まったこのアワードはメディア投票によって決められ、「ファーストチーム」、「セカンドチーム」の2チームがポジション別に2人のガード、2人のフォワード、1人のセンターで構成されます。

1999年のNBAドラフトにおいて「NBAオールディフェンシブチーム」に選出された経歴のある選手は以下の2名です。

 

ロン・アーテスト(Ron Artest)

計4回

ファーストチーム 2回(2004年、2006年)

セカンドチーム 2回(2003年、2009年)

 

アンドレイ・キリレンコ(Andrei Kirilenko)

計3回

ファーストチーム 1回(2006年)

セカンドチーム 2回(2004年、2005年)

 

NBAオールルーキーチーム

レギュラーシーズン中に最も活躍した新人選手10人を讃えるアワードである「NBAオールルーキーチーム」。

1963年に始まったこのアワードはメディア投票によって決められ、「ファーストチーム」、「セカンドチーム」の2チームがポジション関係なく5人で構成されます。

1999年のNBAドラフトにおいて「NBAオールルーキーチーム」に選出された経歴のある選手は以下の10名です。

 

オールルーキーファーストチーム

  • エルトン・ブランド
  • スティーブ・ブランシス
  • ラマー・オドム
  • ウォーリー・ザビアック
  • アンドレ・ミラー

 

オールルーキーセカンドチーム

  • ショーン・マリオン
  • ロン・アーテスト
  • ジェームズ・ボージー
  • ジェイソン・テリー
  • チャッキー・アトキンス

 

NBAオールスター

毎年シーズンの中間に行われる”NBAオールスターゲーム”。

出場できる選手はカンファレンスごとにスターター5名、リザーブメンバー7名の計12名のみです。

”NBAオールスターゲーム”は1951年からスタートしたイベントであり、ファン投票、選手投票、メディア投票を元に得票数の高かったガード2名、フロントコート3名がスターターとなります。

1999年のNBAドラフトにおいて「NBAオールスター」に選出された経歴のある選手は以下の9名です。

 

エルトン・ブランド(Elton Brand

2回(2002年、2006年)

 

スティーブン・フランシス(Steven Francis

3回(2002年〜2004年)

 

バロン・デイビス(Baron Davis

2回(2002年、2004年)

 

ウォーリー・ザービアック(Wally Szczerbiak)

1回(2002年)

 

リチャード・ハミルトン(Richard Hamilton

3回(2006年〜2008年)

 

ショーン・マリオン(Shawn Marion

4回(2003年、2005年〜2007年)

 

ロン・アーテスト(Ron Artest)

1回(2004年)

 

アンドレイ・キリレンコ(Andrei Kirilenko)

1回(2004年)

 

マヌ・ジノビリ(Manu Ginobili

2回(2005年、2011年)

 

NBA得点王

レギュラーシーズンにおいて1試合あたりの平均得点が最も多かった選手に贈られるタイトルである「NBA得点王」。

このタイトルは1946年から始まっています。

1999年のNBAドラフトにおいて「NBA得点王」のタイトルを獲得したことがある選手はいません。

 

NBAアシスト王

レギュラーシーズンにおいて1試合あたりの平均アシスト数が最も多かった選手に贈られるタイトルである「NBAアシスト王」。

このタイトルは1946年から始まっています。

1999年のNBAドラフトにおいて「NBAアシスト王」のタイトルを獲得したことがある選手は以下の1名です。

 

アンドレ・ミラー(Andre Miller

1回(2002年)

 

NBAリバウンド王

レギュラーシーズンにおいて1試合あたりの平均リバウンド数が最も多かった選手に贈られるタイトルである「NBAリバウンド王」。

このタイトルは1950年から始まっています。

1999年のNBAドラフトにおいて「NBAリバウンド王」のタイトルを獲得したことがある選手はいません。

 

NBAブロック王

レギュラーシーズンにおいて1試合あたりの平均ブロック数が最も多かった選手に贈られるタイトルである「NBAブロック王」。

このタイトルは1973年から始まっています。

1999年のNBAドラフトにおいて「NBAブロック王」のタイトルを獲得したことがある選手は以下の1名です。

 

アンドレイ・キリレンコ(Andrei Kirilenko)

1回(2005年)

 

NBAスティール王

レギュラーシーズンにおいて1試合あたりの平均スティール数が最も多かった選手に贈られるタイトルである「NBAスティール王」。

このタイトルは1973年から始まっています。

1999年のNBAドラフトにおいて「NBAスティール王」のタイトルを獲得したことがある選手は以下の1名です。

 

バロン・デイビス(Baron Walter Louis Davis

2回(2004年、2007年)

 

まとめ

今回は「1999年のNBAドラフトでNBA入りした選手のNBA優勝およびアワード、タイトルの経歴」についてまとめていきました。

いかがでしたでしょうか?

気になる選手が見つかった方はぜひその選手についてもっとよく調べてみてくださいね!

この記事が皆さんの推しの選手を探す手助けになれば幸いです。

他の年にドラフトされた選手たちについても同様の記事がありますので、ぜひそちらもご覧ください!

それではまた次の記事でお会いしましょう!

-NBAドラフト