NBAドラフト

2021年のNBAドラフト

こんにちは!

NBA好きブログライターのおしょうサンドです。

 

世界のバスケットボールリーグの中でも長い歴史を誇るNBA。

その歴史の中には数多くのスーパースターが存在し、幾多の映画のように感動的なストーリーが誕生してきました。

そしてそんなほぼ全てのNBA選手の原点であり、NBAにおいて1年で最も大きなイベントの1つであるのが「NBAドラフト」です。

 

NBAを深く知っていく上で、どの選手がどの年にNBA入りしたのかを知ることは欠かせませんよね!

そこで今回は「2021年NBAドラフト」でドラフトされた選手たちについてまとめていきたい思います。

それでは早速見ていきましょう!

 

2021年のNBAドラフト

2021年NBAドラフトは、現地時間2021年7月29日にニューヨーク市ブルックリン区にあるバークレイズ・センター(ブルックリン・ネッツのホームアリーナ)にて開催されました。

ドラフト抽選の結果、昨年勝率が20勝52敗で30チーム中29位だったデトロイト・ピストンズが1位指名権を獲得し、ケイド・カニングハムを指名しました。

 

1巡目

まずは2021年ドラフトの1巡目にドラフトされた選手からみていきましょう!

 

順位 チーム ポジション 選手名 出身大学 出身国 出身チーム/リーグ(国名) 指名後のトレード先
1 デトロイト・ピストンズ G ケイド・カニングハム オクラホマステイト大学 米国 - -
2 ヒューストン・ロケッツ G ジェイレン・グリーン - 米国 NBA Gリーグ・イグナイト/NBA Gリーグ(アメリカ) -
3 クリーブランド・キャバリアーズ C エバン・モーブリー USC 米国 - -
4 トロント・ラプターズ F スコッティ・バーンズ フロリダステイト大学 米国 - -
5 オーランド・マジック G ジェイレン・サグス ゴンザガ大学 米国 - -
6 オクラホマシティ・サンダー G ジョシュ・ギディー - 豪州 アデレード・36ers/豪NBL(オーストラリア) -
7 ゴールデンステイト・ウォリアーズ F ジョナサン・クミンガ - コンゴ民主共和国 NBA Gリーグ・イグナイト/NBA Gリーグ(アメリカ) -
8 オーランド・マジック G/F フランツ・バグナー ミシガン大学 ドイツ - -
9 サクラメント・キングス G デイビオン・ミッチェル ベイラー大学 米国 - -
10 ニューオーリンズ・ペリカンズ F ザイール・ウィリアムズ スタンフォード大学 米国 - メンフィス・グリズリーズ
11 シャーロット・ホーネッツ G ジェームズ・ブックナイト コネティカット大学 米国 - -
12 サンアントニオ・スパーズ G ジョシュア・プリモ アラバマ大学 カナダ - -
13 インディアナ・ペイサーズ G クリス・ドゥアルテ オレゴン大学 ドミニカ共和国 - -
14 ゴールデンステイト・ウォリアーズ G モーゼス・ムーディー アーカンソー大学 米国 - -
15 ワシントン・ウィザーズ G/F コーリー・キスパート ゴンザガ大学 米国 - -
16 オクラホマシティ・サンダー C アルペレン・シェングン - トルコ ベジクタシュ/バスケットボール・スーパーリーグ(トルコ) ヒューストン・ロケッツ
17 メンフィス・グリズリーズ G トレイ・マーフィー三世 バージニア大学 米国 - -
18 オクラホマシティ・サンダー G トレイ・マン フロリダ大学 米国 - -
19 ニューヨーク・ニックス F カイ・ジョーンズ テキサス大学 バハマ - シャーロット・ホーネッツ
20 アトランタ・ホークス G/F ジェイレン・ジョンソン デューク大学 米国 - -
21 ニューヨーク・ニックス G キーオン・ジョンソン テネシー大学 米国 - ロサンゼルス・クリッパーズ
22 ロサンゼルス・レイカーズ F アイザイア・ジャクソン ケンタッキー大学 米国 - インディアナ・ペイサーズ
23 ヒューストン・ロケッツ F ウスマン・ガルーバ - スペイン レアル・マドリード/リーガACB(スペイン) -
24 ヒューストン・ロケッツ G ジョシュ・クリストファー アリゾナステイト大学 米国 - -
25 ロサンゼルス・クリッパーズ G クエンティン・グライムズ ヒューストン大学 米国 - ニューヨーク・ニックス
26 デンバー・ナゲッツ G ナシャン・ハイランド VCU 米国 - -
27 ブルックリン・ネッツ G キャメロン・トーマス LSU 米国 - -
28 フィラデルフィア・76ers G ジェイデン・スプリンガー テネシー大学 米国 - -
29 フェニックス・サンズ C デイロン・シャープ ノースカロライナ大学 米国 - ブルックリン・ネッツ
30 ユタ・ジャズ F サンティ・アルダマ ロヨラ大学メリーランド スペイン - メンフィス・グリズリーズ

 

 

ポジションの略称
PG ポイントガード
SG シューティングガード
SF スモールフォワード
PF パワーフォワード
C センター

 

2巡目

次に2021年ドラフトの2巡目にドラフトされた選手をみていきましょう!

 

順位 チーム ポジション 選手名 出身大学 出身国 出身チーム/リーグ(国名) 指名後のトレード先
31 ミルウォーキー・バックス アイザイア・トッド F - 米国 NBA Gリーグ・イグナイト/NBA Gリーグ(アメリカ) -
32 ニューヨーク・ニックス ジェレマイア・ロビンソン・アール F ビラノバ大学 米国 - オクラホマシティ・サンダー
33 オーランド・マジック ジェイソン・プレストン G オハイオ大学 米国 - ロサンゼルス・クリッパーズ
34 オクラホマシティ・サンダー ロカス・ホクバイティス G - リトアニア ジャルギリス・カウナス/リトアニア・バスケットボール・リーグ(リトアニア) ニューヨーク・ニックス
35 ニューオーリンズ・ペリカンズ ハーバート・ジョーンズ G/F アラバマ大学 米国 - -
36 オクラホマシティ・サンダー マイルズ・マクブライド G ウェストバージニア大学 米国 - ニューヨーク・ニックス
37 デトロイト・ピストンズ JT・ソー F オーバーン大学 米国 - シャーロット・ホーネッツ
38 シカゴ・ブルズ アヨ・ドスンム G イリノイ大学 米国 - -
39 サクラメント・キングス ネミーアス・ケイタ C ユタステイト大学 ポルトガル - -
40 ニューオーリンズ・ペリカンズ ジャレッド・バトラー G ベイラー大学 米国 - ユタ・ジャズ
41 サンアントニオ・スパーズ ジョー・ウィースキャンプ G アイオワ大学 米国 - -
42 デトロイト・ピストンズ アイザイア・リバース F ミシガン大学 米国 - -
43 ニューオーリンズ・ペリカンズ グレッグ・ブラウン F テキサス大学 米国 - ブレイザーズ
44 ブルックリン・ネッツ ケスラー・エドワーズ F ペパーダイン大学 米国 - -
45 ボストン・セルティックス ジュアン・ビガラン G - フランス パリ・バスケットボール/パリA(フランス) -
46 トロント・ラプターズ ダラーノ・バントン G ネブラスカ大学 カナダ - -
47 トロント・ラプターズ デイビッド・ジョンソン G ルイビル大学 米国 - -
48 アトランタ・ホークス シャリーフ・クーパー G オーバーン大学 米国 - -
49 ブルックリン・ネッツ マーカス・ゼガラウスキー G クレイトン大学 米国 - -
50 フィラデルフィア・76ers フィリップ・ペトルシェフ C - セルビア メガ・バスケット/セルビア・バスケットボールリーグ(セルビア) -
51 メンフィス・グリズリーズ ブランドン・ボストンJr. G/F ケンタッキー大学 米国 - -
52 デトロイト・ピストンズ ルカ・ガルザ F/C アイオワ大学 米国 - -
53 フィラデルフィア・76ers チャールズ・バッシー C ウェスタンケンタッキー大学 ナイジェリア - -
54 インディアナ・ペイサーズ サンドロ・マムケラシュビリ C シートンホール大学 ジョージア/米国 - ミルウォーキー・バックス
55 オクラホマシティ・サンダー アーロン・ウィギンズ G メリーランド大学 米国 - -
56 シャーロット・ホーネッツ スコッティ・ルイス G フロリダ大学 米国 - -
57 シャーロット・ホーネッツ バルシャ・コプラビツァ C フロリダステイト大学 セルビア - デトロイト・ピストンズ
58 ニューヨーク・ニックス ジェリコ・シムズ F テキサス大学 米国 - -
59 ブルックリン・ネッツ レイクワン・グレイ F フロリダステイト大学 米国 - -
60 インディアナ・ペイサーズ ヨルゴス・カレイツァキス G/F - ギリシャ パナシナイコス/ギリシャ・バスケットリーグ(ギリシャ) ミルウォーキー・バックス

 

まとめ

今回は「2021年NBAドラフト」で指名された選手をまとめてみました!

いかがでしたでしょうか?

この年は上位に期待外れの選手がほとんどおらず、ルーキーオブザイヤーも上位4選手全員がノミネートされるなど非常にハイレベルな新人年を過ごしました。

結局ルーキーオブザイヤーには第4位でトロント・ラプターズに指名されたスコッティ・バーンズが選出。

数年後にはNBAの中核を担っているであろう選手が多くいたドラフトですので、彼らが今後どのようなキャリアを送るのか非常に楽しみです。

やはりNBAドラフトはNBAの歴史を知ることができて面白いですね!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

-NBAドラフト