NBAファイナル

【NBAファイナル2008】ボストン・セルティックスVS ロサンゼルス・レイカーズの試合結果や流れを詳しく解説!

皆さんこんにちは!

NBA好きブログライターのおしょうサンドです。

 

NBAはバスケットボール界において間違いなく世界最高のリーグです。

国際バスケットボール連盟(FIBA)によると全世界のバスケットボールの競技人口はなんと4.5億人。

これはバレーボールの5億人に次いで全スポーツの中で2番目に多い数字です。

にもかかわらずNBAでプレイをすることができる選手はたったの450人。

その確率は脅威の0.0001%。

例えではなく「ほんの一握り」しか所属することができないリーグなんです。

そんな所属するだけで天才と言われるリーグに所属する選手たちが求める高み、それが「NBAチャンピオン」の座です。

本物の天才たちが死に物狂いで努力を重ね、それでもなお生涯に1度も届かない選手がいる頂。

そこを目指す選手たちが本気でぶつかるからこそプレーオフ(NBAの決勝トーナメント)では数多くの伝説が生まれるんです。

特にその年のチャンピオンを決める戦いである「NBAファイナル」はどの年も世界最高の試合が行われます。

今回はその中から「NBAファイナル2008 ボストン・セルティックス VS ロサンゼルス・レイカーズ」の対決をご紹介しましょう!

NBAをよく知らないという方にもわかりやすく説明していきますのでぜひ最後までお読みくださいね!

それではティップオフ!!

 

NBAファイナル2008に出場したチームの背景を知ろう!

2008年NBAファイナルはウエスタン・カンファレンスチャンピオンの「ロサンゼルス・レイカーズ」とイースタン・カンファレンスチャンピオンの「ボストン・セルティックス」の戦いでした。

まずはそれぞれのチームの背景から見ていきましょう!

 

ボストン・セルティックス

2007-2008シーズン ファイナルまでの試合成績
レギュラーシーズン 66勝16敗(カンファレンス1位)
プレーオフ1回戦 4勝3敗(VS アトランタ・ホークス)
カンファレンス・セミファイナル 4勝3敗(VS クリーブランド・キャバリアーズ)
カンファレンス・ファイナル 4勝2敗(VS デトロイト・ピストンズ)

「ボストン・セルティックス」はマサチューセッツ州ボストンに拠点を置くチームです。

エースは生え抜きのスーパースターである「ポール・ピアース」。

この年はレイ・アレンとケビン・ガーネットを獲得し、ポール・ピアースと共にBIG3を結成したシーズンであり、優勝候補筆頭として勝負をかけるシーズンとなりました。

レギュラーシーズンを勝敗のカンファレンス位で終えると、プレーオフでは1回戦にマービン・ウィリアムズやアル・ホーフォードといった若手中心の「アトランタ・ホークス」を、準決勝ではレブロン・ジェームズを要する「クリーブランド・キャバリアーズ」を、決勝戦でチャンシー・ビラップス率いる「デトロイト・ピストンズ」を倒し、NBAファイナルに進みました。

 

ロサンゼルス・レイカーズ

2007-2008シーズン ファイナルまでの試合成績
レギュラーシーズン 57勝25敗(カンファレンス1位)
プレーオフ1回戦 4勝0敗(VS デンバー・ナゲッツ)
カンファレンス・セミファイナル 4勝2敗(VS ユタ・ジャズ)
カンファレンス・ファイナル 4勝1敗(VS サンアントニオ・スパーズ)

「ロサンゼルス・レイカーズ」はカリフォルニア州ロサンゼルスに拠点を置くチームです。

エースは"ブラック・マンバ"「コービー・ブライアント」。

この年は冬季のトレードにてパウ・ガソルを獲得し、コービーとガソルの2人を中心に西の強豪としてレギュラーシーズンを順当に勝ち抜きました。

レギュラーシーズンを勝敗のカンファレンス位で終えると、プレーオフでは1回戦にカーメロ・アンソニーとアレン・アイバーソンの「デンバー・ナゲッツ」を、準決勝ではデロン・ウィリアムスとカルロス・ブーザーの「ユタ・ジャズ」を、決勝戦でダンカン、ジノビリ、パーカーの「サンアントニオ・スパーズ」を倒し、NBAファイナルに進みました。

 

NBAファイナル2008の出場選手

次にNBAファイナル2008で各チームに所属していた選手達を見ていきましょう!

 

ボストン・セルティックスの出場選手一覧

ポジション 背番号 名前 身長(cm) 体重(kg) 生年月日
PF 44 Brian Scalabrine 206 109 March 18, 1978
PG 50 Eddie House 185 82 May 14, 1978
PG 13 Gabe Pruitt 193 77 April 19, 1986
C 11 Glen Davis 206 131 January 1, 1986
PF 41 James Posey 203 98 January 13, 1977
C 43 Kendrick Perkins 208 122 November 10, 1984
PF 5 Kevin Garnett 211 109 May 19, 1976
C 0 Leon Powe 203 109 January 22, 1984
PF 93 P.J. Brown 211 102 October 14, 1969
SF 34 Paul Pierce 201 107 October 13, 1977
PG 9 Rajon Rondo 185 82 February 22, 1986
SG 20 Ray Allen 196 93 July 20, 1975
PG 28 Sam Cassell 191 84 November 18, 1969
C 66 Scot Pollard 211 120 February 12, 1975
SG 42 Tony Allen 193 97 January 11, 1982
- - - - - -
- - - - - -

※ G:ガード、F:フォワード、C:センターのこと

 

ロサンゼルス・レイカーズの出場選手一覧

ポジション 背番号 名前 身長(cm) 体重(kg) 生年月日
C 17 Andrew Bynum 213 129 October 27, 1987
PF 43 Brian Cook 206 106 December 4, 1980
C 31 Chris Mihm 213 120 July 16, 1979
SG 11 Coby Karl 196 98 March 6, 1983
C 28 D.J. Mbenga 213 111 December 30, 1980
PG 2 Derek Fisher 185 91 August 9, 1974
SF 14 Ira Newble 201 100 January 20, 1975
SG 1 Javaris Crittenton 195 91 December 31, 1987
PG 5 Jordan Farmar 188 81 November 30, 1986
SG 24 Kobe Bryant 198 96 August 23, 1978
C 54 Kwame Brown 211 96 March 10, 1982
PF 7 Lamar Odom 208 100 November 6, 1979
SF 4 Luke Walton 203 107 March 28, 1980
SG 6 Maurice Evans 195 100 November 8, 1978
C 16 Pau Gasol 213 113 July 6, 1980
C 21 Ronny Turiaf 208 113 January 13, 1983
SG 18 Sasha Vujačić 201 88 March 8, 1984
SF 3 Trevor Ariza 203 98 June 30, 1985
SF 10 Vladimir Radmanović 208 103 November 19, 1980

※ G:ガード、F:フォワード、C:センターのこと

 

NBAファイナル2008の試合結果は・・・?

それではいよいよNBAファイナル2008の試合の結果を見ていきましょう!

-シーズンのNBAチャンピオンは「ボストン・セルティックス」。

チームとしては22年ぶり17回目の優勝となりました。

対戦成績は4勝2敗。

詳細な試合結果は以下のとおりです。

試合 日付 アウェイ 結果 ホーム
1 6月5日 ロサンゼルス・レイカーズ 88-98 ボストン・セルティックス
2 6月8日 ロサンゼルス・レイカーズ 102-108 ボストン・セルティックス
3 6月10日 ボストン・セルティックス 81-87 ロサンゼルス・レイカーズ
4 6月12日 ボストン・セルティックス 97-91 ロサンゼルス・レイカーズ
5 6月15日 ボストン・セルティックス 98-103 ロサンゼルス・レイカーズ
6 6月17日 ロサンゼルス・レイカーズ 92-131 ボストン・セルティックス

ファイナルMVPは「ポール・ピアース」。

セルティックスでドラフトされた生え抜きのエースとしてセルティックスを引っ張り、自身初の優勝とファイナルMVPを獲得しました。

 

NBAファイナル2008の試合の流れ

ここからは試合のさらに詳細な流れをお伝えしていきます。

セルティックスの”新BIG3”が22年ぶりの優勝をボストンにもたらしたシーズンのNBAファイナルをいっっしょに見ていきましょう!

 

第1戦(88-98 ボストン・セルティックス Win)

NBAファイナルの1回戦はボストン・セルティックスのホーム「TDバンクノース・ガーデン(現TD ガーデン)」で始まりました。

この試合はポール・ピアースの劇的復活でセルティクスが流れを掴む展開となりました。

序盤はほぼ互角の戦いでしたが、第2Qになるとレイカーズがデリック・フィッシャーのフリースローなどで流れを掴み、前半は51-46のレイカーズ5点リードで折り返します。

しかし第3Qに入るとセルティクスの反撃が開始。

後半開始45秒でポール・ピアースが4点プレイを決めるなどして逆転すると、その後は点差のつかない接戦になりました。

そんなこれからという時にセルティックスに事件が起こります。

第3Q残り6分49秒、エースのポール・ピアースが味方との衝突により膝をぶつけ、コートに倒れました。

ピアースは自力で起き上がることができず、結局車椅子で運ばれて一時離脱。

TDバンクノース・ガーデンが不安に包まれました。

エースを欠いたセルティックスは初戦を落とすかと思われましたが、なんと負傷したはずのピアーズが第3Q残り5分4秒に復帰。

そこからフリースロー2本と3ポイント2本を決め8得点を奪取する復活を果たすとアリーナは爆発のような歓声に。

エースの復活劇で流れを掴んだセルティックスはそこから優位を保ち続け勝利。

ピアースは結局22得点を記録し、勝利に貢献しました。

レイカーズはエースのコービー・ブライアントが終盤に伸び悩み24得点で、流れを掴むことができませんでした。

 

第2戦(102-108 ボストン・セルティックス Win)

セルティックスリードで迎えた第2戦。

この試合はセルティックスの硬いディフェンス力が存分に発揮され、レイカーズを圧倒する展開となります。

セルティックスは前の試合で膝を痛めたポール・ピアーズが出場できるか不安視されていましたが、結果負傷なく出場が決定。

前半からチーム最多の16得点でセルティックスを牽引します。

一方レイカーズはセルティックスの守備に阻まれ前半で9つのターンオーバーを犯すなど得点を伸ばすことができませんでした。

後半が始まってもセルティックス優勢は続き、セルティックスの伏兵レオン・ポウなどの活躍もあり、試合時間残り7分55秒でこの試合最多の24点差のリードを得ます。

勝負あったかのように思われましたが、なんとここからレイカーズの猛反撃が開始。

コービーを中心に得点を重ね31-9のランを決行すると、残り38秒、ついに2点差まで詰め寄ります。

しかし最後はセルティックスがフリースローを決めて万事休す。

大差ゆえの油断からあわや大逆転を許しそうになったセルティックスアリーナは安堵の色に包まれました。

これでセルティックスが2連勝、舞台はロサンゼルスへと移ります。

 

第3戦(81-87 ロサンゼルス・レイカーズ Win)

セルティックスに2連敗で戻ってきたレイカーズのアリーナ「ステイプルズ・センター(現クリプトドットコム・アリーナ)」。

なんとかレイカーズに流れを戻そうとアリーナには多くのファンが応援に詰めかけました。

この試合はホームの恩恵を受けたレイカーズが勝負所を制する展開となりました。

序盤からセルティックスはエースのポール・ピアースがシュートタッチに苦しみ得点を決められませんでしたが、ディフェンスでは相手エースのコービーをダブルチームでなんとか抑え込み接戦とします。

そこから逆転に次ぐ逆転のシーソーゲームとなり、第3Q終わって62-60とセルティックスが2点リードするほぼ互角の展開に。

しかし勝負の第4Qではレイカーズが一気に勝負をかけ残り4分17秒で7点差のリードを奪うとそこからは点差を詰めさせず勝利。

この試合コービーは36得点、一方のピアースは6得点に終わり、エースの差が勝敗につながりました。

 

第4戦(97-91 ボストン・セルティックス Win)

依然セルティックスリードで迎えた第4戦。

勝てば優勝に王手のセルティックスと何としても2-2のタイに戻したいレイカーズの一戦です。

この試合はセルティックスが優勝への執念を見せつけた試合となりました。

序盤はレイカーズがラマール・オドムの活躍もあり第1Qで14-35と一気に点差を広げます。

試合はその後もレイカーズが有利に進め、第3Q残り6分までは20点差が縮まらないまま試合が進みました。

しかし、試合はそこから急展開を迎えます。

ポール・ピアースのシュートを皮切りにセルティックスが連続得点をし、21-3のランで2点差。

試合の勝敗は全くわからなくなりました。

第4Qは点を取り合う接戦となり、残り4分7秒で84-83の1点差。

そこからセルティックスはレイ・アレンとケビン・ガーネットのシュートで5点差とすると、レイカーズはコービーが3ポイントを返し2点差に戻します。

しかしその直後、ジェームズ・ポージーが3ポイントを決めたことで追いつくことができず、その後はファールゲームで逃げ切ったセルティックスが勝利を手にしました。

これによりセルティックスが優勝に王手をかけることとなりました。

 

第5戦(98-103 ロサンゼルス・レイカーズ Win)

セルティックス王手で迎えたレイカーズホーム3連戦の最終日。

この日はインサイドの差が勝敗に大きく影響した試合となりました。

セルティックスはこの日、センターのケンドリック・パーキンスが肩の怪我で出場しておらず、代わりにNBA2年目のレオン・ポウがスタメンで出場します。

しかし。オールスターセンターのパウ・ガソル相手では分が悪く、レイカーズが序盤に大きなリードを奪う展開となります。

セルティックスもピアースの活躍もあり試合時間残り4分35秒で90-90と追いつきますが、第3戦とは異なり逆転をすることは叶わず。

逆にレイカーズがフリースローなどで着実に点差を広げ、最後はコービーがピアーズからスティールを奪ってダンクをするという形で試合に決着をつけました。

この試合レイカーズはパウ・ガソルが19得点13リバウンド、ラマー・オドムが20得点11リバウンドとインサイドを支配。

一方セルティックスはポール・ピアースが38得点と躍動しましたが、勝利には届きませんでした。

これで対戦成績は3-2となり、舞台はボストンへと戻ります。

 

第6戦(92-131 ボストン・セルティックス Win)

運命の第6戦。

王手をかけたセルティックスがホームに戻っての一戦。

22年ぶりの優勝が目前とあって会場にはファンが押しかけました。

この日はもはやセルティックスのウイニングランと言っても過言ではない試合でした。

レイカーズはシュートミスやターンオーバーなどプレーに精細を欠き、得点を伸ばすことができませんでした。

その間いセルティックスは3ポイントが連続で決まり、第3Q終了時点で29点差。

第4Qはもはやボーナスゲームのようで、レイ・アレンが4本連続で3ポイントを決め会場を沸かせると、そのまま優勝を手にしました。

22年ぶりの優勝に歓喜に沸くTDバンクノース・ガーデン。

セルティックスのビッグ3が結成初年にしていきなりNBAの頂点に立った瞬間となりました。

 

まとめ

今回は「NBAファイナル2008 ボストン・セルティックス VS ロサンゼルス・レイカーズ」の対決をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

歴史あるチームはファンも熱狂的な方が多いのでNBAファイナルともなると盛り上がりがひとしおですね。

セルティックスに移籍してきたケビン・ガーネットの名言”Anything is possible!(不可能なんてないんだ)”は心の支えにしているファンも多いのではないでしょうか?

やはりNBAファイナルはドラマがあって面白いですね!

他の年のNBAファイナルも同じように紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください!

それではまた次の記事でお会いしましょう!

-NBAファイナル