NBAファイナル

【NBAファイナル1967】フィラデルフィア・76ers VS サンフランシスコ・ウォリアーズの試合結果や流れを詳しく解説!

皆さんこんにちは!

NBA好きブログライターのおしょうサンドです。

 

NBAはバスケットボール界において間違いなく世界最高のリーグです。

国際バスケットボール連盟(FIBA)によると全世界のバスケットボールの競技人口はなんと4.5億人。

これはバレーボールの5億人に次いで全スポーツの中で2番目に多い数字です。

にもかかわらずNBAでプレイをすることができる選手はたったの450人。

その確率は脅威の0.0001%。

例えではなく「ほんの一握り」しか所属することができないリーグなんです。

そんな所属するだけで天才と言われるリーグに所属する選手たちが求める高み、それが「NBAチャンピオン」の座です。

本物の天才たちが死に物狂いで努力を重ね、それでもなお生涯に1度も届かない選手がいる頂。

そこを目指す選手たちが本気でぶつかるからこそプレーオフ(NBAの決勝トーナメント)では数多くの伝説が生まれるんです。

特にその年のチャンピオンを決める戦いである「NBAファイナル」はどの年も世界最高の試合が行われます。

今回はその中から「NBAファイナル1967 フィラデルフィア・76ers VS サンフランシスコ・ウォリアーズ」の対決をご紹介しましょう!

NBAをよく知らないという方にもわかりやすく説明していきますのでぜひ最後までお読みくださいね!

それではティップオフ!!

 

NBAファイナル1967に出場したチームの背景を知ろう!

1967年NBAファイナルはイースタン・カンファレンスチャンピオンの「フィラデルフィア・76ers」とウエスタン・カンファレンスチャンピオンの「サンフランシスコ・ウォリアーズ」の戦いでした。

まずはそれぞれのチームの背景から見ていきましょう!

 

フィラデルフィア・76ers

1966-1967シーズン ファイナルまでの試合成績
レギュラーシーズン 68勝13敗(カンファレンス1位)
プレーオフ1回戦 -
カンファレンス・セミファイナル 3勝1敗(VS シンシナティ・ロイヤルズ)
カンファレンス・ファイナル 4勝1敗(VS ボストン・セルティクス)

「フィラデルフィア・76ers」はペンシルベニア州フィラデルフィアに拠点を置くチームです。

エースはこの年シーズンMVPの「ウィルト・チェンバレン」。

レギュラーシーズンを勝敗のカンファレンス位で終えると、プレーオフでは準決勝でオスカー・ロバートソンの「シンシナティ・ロイヤルズ」を、決勝戦でビル・ラッセル要する「ボストン・セルティクス」を倒し、NBAファイナルに進みました。

 

サンフランシスコ・ウォリアーズ

1966-1967シーズン ファイナルまでの試合成績
レギュラーシーズン 44勝37敗(カンファレンス1位)
プレーオフ1回戦 -
カンファレンス・セミファイナル 3勝0敗(VS ロサンゼルス・レイカーズ)
カンファレンス・ファイナル 4勝2敗(VS セントルイス・ホークス)

「サンフランシスコ・ウォリアーズ」はカリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置くチームです。

エースはこの年All NBAファーストチームの「リック・バリー」。

レギュラーシーズンを勝敗のカンファレンス位で終えると、プレーオフでは準決勝でジェリー・ウエスト率いる「ロサンゼルス・レイカーズ」を、決勝戦でルー・ハドソンらの「セントルイス・ホークス」を倒し、NBAファイナルに進みました。

 

NBAファイナル1967の出場選手

次にNBAファイナル1967で各チームに所属していた選手達を見ていきましょう!

 

フィラデルフィア・76ersの出場選手一覧

ポジション 背番号 名前 身長(cm) 体重(kg) 生年月日
PG 28 Bill Melchionni 185 75 October 19, 1944
SF 32 Billy Cunningham 198 95 June 3, 1943
PG 12 Bob Weiss 188 82 May 7, 1942
SF 25 Chet Walker 198 96 February 22, 1940
SF 20 Dave Gambee 198 97 April 16, 1937
SG 15 Hal Greer 188 79 June 26, 1936
PG 21 Larry Costello 185 84 July 2, 1931
PF 54 Luke Jackson 206 108 October 31, 1941
SG 14 Matt Guokas 196 79 February 25, 1944
PG 24 Wali Jones 188 82 February 14, 1942
C 13 Wilt Chamberlain 215 125 August 21, 1936

※ G:ガード、F:フォワード、C:センターのこと

 

サンフランシスコ・ウォリアーズの出場選手一覧

ポジション 背番号 名前 身長(cm) 体重(kg) 生年月日
PG 16 Al Attles 182 79 November 7, 1936
SG 11 Bob Warlick 195 91 March 20, 1941
PF 13 Bud Olsen 203 100 July 25, 1940
C 43 Clyde Lee 208 93 March 14, 1944
PF 44 Fred Hetzel 203 100 July 21, 1942
F-G 9 George Lee 193 91 November 23, 1936
SG 23 Jeff Mullins 193 86 March 18, 1942
SG 21 Jim King 188 79 February 7, 1941
SF 31 Joe Ellis 198 79 May 3, 1944
C 42 Nate Thurmond 211 102 July 25, 1941
PG 15 Paul Neumann 185 79 January 30, 1938
SF 24 Rick Barry 201 93 March 28, 1944
PF 14 Tom Meschery 198 98 October 26, 1938

※ G:ガード、F:フォワード、C:センターのこと

 

NBAファイナル1967の試合結果は・・・?

それではいよいよNBAファイナル1967の試合の結果を見ていきましょう!

66-67シーズンのNBAチャンピオンは「フィラデルフィア・76ers」。

チームとしては12年ぶり2回目の優勝となりました。

対戦成績は4勝2敗。

詳細な試合結果は以下のとおりです。

試合 日付 アウェイ 結果 ホーム
1 4月14日 サンフランシスコ・ウォリアーズ 135-141 フィラデルフィア・76ers
2 4月16日 サンフランシスコ・ウォリアーズ 95-126 フィラデルフィア・76ers
3 4月18日 フィラデルフィア・76ers 124-130 サンフランシスコ・ウォリアーズ
4 4月20日 フィラデルフィア・76ers 122-108 サンフランシスコ・ウォリアーズ
5 4月23日 サンフランシスコ・ウォリアーズ 117-109 フィラデルフィア・76ers
6 4月24日 フィラデルフィア・76ers 125-122 サンフランシスコ・ウォリアーズ

 

NBAファイナル1967の試合の流れ

ここからは試合のさらに詳細な流れをお伝えしていきます。

ついにフィラデルフィア・76ersがNBAの頂点に立ったシーズンのNBAファイナルを一緒に見ていきましょう!

 

第1戦(135-141 フィラデルフィア・76ers Win)

NBAファイナルの1回戦はフィラデルフィア・76ersのホーム「コンベンション・ホール」で始まりました。

9年ぶりとなるセルティクスのいないNBAファイナルであり、セルティクスが王朝を築いている間に辛酸を舐めたチームが悲願の優勝を賭けて挑んだ一戦となりました。

この試合は両者オフェンスが爆発するハイスコアなゲームとなります。

序盤試合をリードしたのは76ers。

第1Qから43得点というビッグクォーターを作り出し試合を優位に進めます。

しかし第3Q終了時点までは14点差で76ersがリードしていたものの、第4Qにウォリアーズが猛攻を開始。

点差を一気に無くす連続得点で試合終盤同点まで追いつきました。

ウォリアーズはさらに逆転を狙ったシュートをネイト・サーモンドに託しましたが、チェンバレンがこれを決死のブロックで防ぎ、同点のまま試合はオーバータイムに突入。

追いついて勢いのあるウォリアーズが逆転するかと思われましたが、ホームの76ersが底力を見せつけ、オーバータイムを7-13で制して勝利しました。

この日76ersはハル・グリアが32得点、ワリ・ジョーンズが30得点を記録。

一方ウォリアーズはリック・バリーの37得点をはじめ6選手が2桁得点を記録しましたが、ディフェンスがうまく機能せず76ersに押し負ける結果となりました。

 

第2戦(95-126 フィラデルフィア・76ers Win)

76ersリードで迎えた第2戦。

第1戦を落としなんとか敵地で1勝を取りたいウォリアーズでしたが、この日は第1戦とはうってかわって一方的な試合展開となります。

第1Qから76ersがリードを奪うとその後は1度も逆転を許すことなく点差を広げ続け、最終Qで41得点とトドメを指す形で76ersが終始ウォリアーズを圧倒。

第1戦に続きハル・グリアが30得点を記録するなどオフェンスが爆発した76ersでしたが、奇妙なことにキャリア平均得点が30得点を超えるチェンバレンがわずか10得点と形を潜めました。

レイカーズはバリーが30得点と孤軍奮闘するものの、援護を受けられず敗戦となりました。

 

第3戦(124-130 サンフランシスコ・ウォリアーズ Win)

76ers2連勝で迎えた第3戦。

舞台はサンフランシスコ・ウォリアーズのホーム「カウ・パレス」に移ります。

2連敗を喫しホームで流れを変えたいウォリアーズはボールをエースのリック・バリーに集めます。

この年チェンバレンを超えて得点王に輝いたバリーは期待に応え、55得点というモンスターパフォーマンスでウォリアーズに勝利をもたらしました。

 

第4戦(122-108 フィラデルフィア・76ers Win)

依然76ersリードで迎えた第4戦。

第3戦を勝利したウォリアーズは第4戦も同様にリードにボールを集め、バリーはまたも43得点と躍動します。

しかしこの日は76ersも黙っておらず、ハル・グリアが38得点、チェット・ウォーカーが33得点と応戦。

結果として試合は76ersが終始リードを広げる展開となり、アウェイでウォリアーズを下しました。

この日もチェンバレンは10得点と得点はしませんでしたが、ディフェンスではシーズン平均21得点のネイト・サーモンドをわずか8得点に押さえ込んでおり、ウォリアーズのセカンドオプションを潰す活躍で勝利に貢献しました。

 

第5戦(117-109 サンフランシスコ・ウォリアーズ Win)

76ersが優勝に王手をかけて迎えた第5戦。

舞台は76ersのホーム「コンベンション・ホール」に戻ります。

会場には76ersの初優勝を見届けようとファンが大勢詰めかけましたが、この日の76ersはファンの期待に答えることはできませんでした。

前半は接戦ながらもリードして折り返しましたが、大切な第4Qにシュートが全く入らずわずか13得点。

この間にウォリアーズに大逆転を喫し、ホームで優勝を決めることはできませんでした。

この日リック・バリーは36得点を記録。

76ersはチェンバレンがシリーズ初の20得点を記録しましたが、思いの外得点が伸びず最終Qに失速をしてしまいました。

 

第6戦(125-122 フィラデルフィア・76ers Win)

運命の第6戦。

ここで優勝を決めたい76ersと勝って第7戦に持ち込みたいウォリアーズの一戦です。

試合は第1Qからハイスコアな点の取り合いとなります。

76ersが多彩な攻撃で43得点を記録すれば、ウォリアーズもこの日44得点のバリーがオフェンスを引っ張り41得点を奪取。

第2Qはウォリアーズが若干のリードを奪い、前半を72-68の4点差で折り返します。

第3Q終了時で6点のリードを得ていたウォリアーズでしたが、第4Qが始まるとホームの声援を受けた76ersが猛追を仕掛け大逆転勝利。

これによりフィラデルフィア・76ersとウィルト・チェンバレンは悲願の初優勝を成し遂げたのでした。

 

まとめ

今回は「NBAファイナル1967 フィラデルフィア・76ers VS サンフランシスコ・ウォリアーズ」の対決をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

チェンバレンは実はウォリアーズでドラフトされて5年間を過ごしており、古巣との対決となりました。

優勝のために古巣を出たエースが古巣を打ち倒して優勝というのもNBAにおいては盛り上がるストーリーですし、逆にウォリアーズがチェンバレンを倒して優勝していればもっと大きなストーリーとなっていたことでしょう。

やはりNBAファイナルはドラマがあって面白いですね!

他の年のNBAファイナルも同じように紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください!

それではまた次の記事でお会いしましょう!

-NBAファイナル