NBAファイナル

【NBAファイナル1997】シカゴ・ブルズ VS ユタ・ジャズの試合結果や流れを詳しく解説!

皆さんこんにちは!

NBA好きブログライターのおしょうサンドです。

 

NBAはバスケットボール界において間違いなく世界最高のリーグです。

国際バスケットボール連盟(FIBA)によると全世界のバスケットボールの競技人口はなんと4.5億人。

これはバレーボールの5億人に次いで全スポーツの中で2番目に多い数字です。

にもかかわらずNBAでプレイをすることができる選手はたったの450人。

その確率は脅威の0.0001%。

例えではなく「ほんの一握り」しか所属することができないリーグなんです。

そんな所属するだけで天才と言われるリーグに所属する選手たちが求める高み、それが「NBAチャンピオン」の座です。

本物の天才たちが死に物狂いで努力を重ね、それでもなお生涯に1度も届かない選手がいる頂。

そこを目指す選手たちが本気でぶつかるからこそプレーオフ(NBAの決勝トーナメント)では数多くの伝説が生まれるんです。

特にその年のチャンピオンを決める戦いである「NBAファイナル」はどの年も世界最高の試合が行われます。

今回はその中から「NBAファイナル1997 シカゴ・ブルズ VS ユタ・ジャズ」の対決をご紹介しましょう!

NBAをよく知らないという方にもわかりやすく説明していきますのでぜひ最後までお読みくださいね!

それではティップオフ!!

 

NBAファイナル1997に出場したチームの背景を知ろう!

1997年NBAファイナルはイースタン・カンファレンスチャンピオンの「シカゴ・ブルズ」とウエスタン・カンファレンスチャンピオンの「ユタ・ジャズ」の戦いでした。

まずはそれぞれのチームの背景から見ていきましょう!

 

シカゴ・ブルズ

1996-1997シーズン ファイナルまでの試合成績
レギュラーシーズン 69勝13敗(カンファレンス1位)
プレーオフ1回戦 3勝0敗(VS ワシントン・ブレッツ)
カンファレンス・セミファイナル 4勝1敗(VS アトランタ・ホークス)
カンファレンス・ファイナル 4勝1敗(VS マイアミ・ヒート)

「シカゴ・ブルズ」はイリノイ州シカゴに拠点を置くチームです。

エースは”神様”「マイケル・ジョーダン」。

この年はマイケル・ジョーダンを中心としたチームで2度目の連覇を目指したシーズンであり、昨年優勝したメンバーからほとんど変更がなかったため今年も優勝候補筆頭と見られていました。

レギュラーシーズンを勝敗のカンファレンス位で終えると、プレーオフでは1回戦にジュエン・ハワードらの「ワシントン・ブレッツ」を、準決勝ではレニー・ウィルケンズHC率いる「アトランタ・ホークス」を、決勝戦でをパット・ライリーHC率いる「マイアミ・ヒート」を倒し、NBAファイナルに進みました。

 

ユタ・ジャズ

1996-1997シーズン ファイナルまでの試合成績
レギュラーシーズン 64勝18敗(カンファレンス1位)
プレーオフ1回戦 3勝0敗(VS ロサンゼルス・クリッパーズ)
カンファレンス・セミファイナル 4勝1敗(VS ロサンゼルス・レイカーズ)
カンファレンス・ファイナル 4勝1敗(VS ヒューストン・ロケッツ)

「ユタ・ジャズ」はユタ州ソルトレイクシティに拠点を置くチームです。

エースは”The Mailman”「カール・マローン」。

この年はジョン・ストックトンとカール・マローン体制でフランチャイズ史上最も強かった年であり、マローンがマイケルジョーダンを抑えてシーズンMVPを獲得するなど王者ブルズにも勝るとも劣らない戦力と見られていました。

レギュラーシーズンを勝敗のカンファレンス位で終えると、プレーオフでは1回戦にボブ・ワイスHC率いる「ロサンゼルス・クリッパーズ」を、準決勝ではシャックとコービーの「ロサンゼルス・レイカーズ」を、決勝戦でハキーム・オラジュワン要する「ヒューストン・ロケッツ」を倒し、NBAファイナルに進みました。

 

NBAファイナル1997の出場選手

次にNBAファイナル1997で各チームに所属していた選手達を見ていきましょう!

 

シカゴ・ブルズの出場選手一覧

ポジション 背番号 名前 身長(cm) 体重(kg) 生年月日
C 34 Bill Wennington 213 111 April 26, 1963
C 18 Bison Dele 206 107 April 6, 1969
PF 91 Dennis Rodman 201 95 May 13, 1961
PF 8 Dickey Simpkins 206 112 April 6, 1972
PF 35 Jason Caffey 203 116 June 12, 1973
SF 30 Jud Buechler 198 100 June 19, 1968
C 13 Luc Longley 218 120 January 19, 1969
SF 6 Matt Steigenga 201 102 March 27, 1970
SG 23 Michael Jordan 198 90 February 17, 1963
PG 1 Randy Brown 188 86 May 22, 1968
C 0 Robert Parish 216 104 February 17, 1963
PG 9 Ron Harper 198 84 January 20, 1964
SF 33 Scottie Pippen 203 95 September 25, 1965
PG 25 Steve Kerr 191 79 September 27, 1965
SF 7 Toni Kukoč 208 87 September 18, 1968

※ G:ガード、F:フォワード、C:センターのこと

 

ユタ・ジャズの出場選手一覧

ポジション 背番号 名前 身長(cm) 体重(kg) 生年月日
C 31 Adam Keefe 206 104 February 22, 1970
PF 55 Antoine Carr 205 102 July 23, 1961
PG 22 Brooks Thompson 193 88 July 19, 1970
SF 3 Bryon Russell 201 102 December 31, 1970
SF 34 Chris Morris 203 95 January 20, 1966
C 44 Greg Foster 211 109 October 3, 1968
C 0 Greg Ostertag 218 127 March 6, 1973
PG 10 Howard Eisley 188 80 December 4, 1972
SF 15 Jamie Watson 201 86 February 23, 1972
SG 14 Jeff Hornacek 191 86 May 3, 1963
PG 12 John Stockton 185 77 March 26, 1962
PF 32 Karl Malone 206 113 July 24, 1963
SG 30 Ruben Nembhard 191 94 February 20, 1972
SG 40 Shandon Anderson 198 94 December 31, 1973
SF 43 Stephen Howard 206 102 July 15, 1970

※ G:ガード、F:フォワード、C:センターのこと

 

NBAファイナル1997の試合結果は・・・?

それではいよいよNBAファイナル1997の試合の結果を見ていきましょう!

96-97シーズンのNBAチャンピオンは「シカゴ・ブルズ」。

チームとしては2年連続5回目の優勝となりました。

対戦成績は4勝2敗。

詳細な試合結果は以下のとおりです。

試合 日付 アウェイ 結果 ホーム
1 6月1日 ユタ・ジャズ 82-84 シカゴ・ブルズ
2 6月4日 ユタ・ジャズ 85-97 シカゴ・ブルズ
3 6月6日 シカゴ・ブルズ 93-104 ユタ・ジャズ
4 6月8日 シカゴ・ブルズ 73-78 ユタ・ジャズ
5 6月11日 シカゴ・ブルズ 90-88 ユタ・ジャズ
6 6月13日 ユタ・ジャズ 86-90 シカゴ・ブルズ

ファイナルMVPは「マイケル・ジョーダン」。

ファイナル平均32.3得点を記録した”バスケの神様”が2年連続6回目のファイナルMVPを獲得しました。

 

NBAファイナル1997の試合の流れ

ここからは試合のさらに詳細な流れをお伝えしていきます。

ブルズとジョーダンが2年連続5度目の優勝を果たしたシーズンのNBAファイナルを一緒に見ていきましょう!

 

第1戦(82-84 シカゴ・ブルズ Win)

NBAファイナルの1回戦はシカゴ・ブルズのホーム「ユナイテッド・センター」で始まりました。

最大のライバル同士と考えられていたブルズとジャズの頂上決戦に大勢のファンが会場を埋め尽くします。

そんな中始まった第1戦は予想通りの大接戦となり、42-38のわずかジャズ4点のリードで前半を折り返すと、後半ブルズも巻き返し第4Q残り3分でも同点のまま勝負は終盤へもつれ込みました。

終盤は両者主力同士のぶつかり合いとなり、ジャズがストックトンとマローンで攻めればブルズはジョーダンとピッペンが得点を決め返し、再度同点にし返して82-82で試合は残り35秒。

ジャズは最後の攻撃でマローンがフリースローを獲得し、残り9秒にして最大の勝機を得ます。

マローンは決してフリースローが得意ではありませんでしたが、1本でも決まればリードの場面。

しかしここでピッペンのNBA史に残るトラッシュトークが炸裂します。

Just remember, The mail man doesn't deliver on Sundays, Karl.

”覚えておくといい。郵便配達人は日曜日には配達しないよ。”

カールマローンはそのあまりにも高い得点能力から、ゴールに確実にボールを届ける様がまるでポストに正確に手紙を届ける郵便配達人のようだとして”Mailman”の愛称で呼ばれていました。

しかし、この日の試合は1997年6月1日で”日曜日”。

このトラッシュトークの後、その言葉通りマローンはフリースローを2本とも外し、最大のチャンスは一転大ピンチへと変わりました。

ブルズの最後の攻めを任されたのはもちろんマイケル・ジョーダン。

9秒という時間は彼が得点するにはあまりにも長く、一瞬のドライブでディフェンダーのブライオン・ラッセルとの隙間を作るとジャンプシュートを一閃。

綺麗な弧を描いたボールはブザーと共にリングに吸い込まれ、ブルズが劇的勝利を飾りました。

この試合ジョーダンは31得点8アシスト、ピッぺンは27得点9リバウンド4ブロック、デニス・ロッドマンは14リバウンドを記録し、勝利をもぎ取りました。

一方ジャズはマローンが23得点15リバウンド、ストックトンが16得点12アシストと活躍しましたが、マローンの最後のフリースローはピッペンのトラッシュトークと共に不名誉な伝説となってしまいました。

 

第2戦(85-97 シカゴ・ブルズ Win)

ブルズリードで迎えた第2戦。

この日は昨年王者のブルズがその実力を十分に見せつけた試合となりました。

当時リーグ最強のデュオといえば「ジョーダンとピッペン」か「ストックトンとマローン」のどちらかと言われるほどに両者の実力は拮抗していましたが、ことディフェンス力だけで言えばどちらもオールディフェンシブ1stチームに選ばれるほどの実力をもつジョーダンとピッペンに分がありました。

彼らのディフェンスが機能すれば相手チームは得点をすることすら難しく、この日のジャズは彼らの前に前半わずか31得点に抑えられます。

しかもブルズのオフェンス力は健在であり、12連続得点を含む47得点を決めたブルズは前半で16得点という大量のリードを得ます。

後半に入るとジャズのオフェンスも復調し始め得点を伸ばしますが、前半についた大量のリードを挽回することができず、余裕を持ってブルズが勝利しました。

この日もジョーダンが38得点13リバウンド9アシストとジャズを圧倒。

ジャズはマローンが20得点13リバウンドを取ったもののシュート精度が著しく低く、なす術なく敗北を喫しました。

 

第3戦(93-104 ユタ・ジャズ Win)

ブルズ2連勝で迎えた第3戦。

決戦の舞台はユタ州ソルトレイクシティに移ります。

ジャズのホーム「デルタ・センター(現ヴィヴィントスマートホーム・アリーナ)」でブルズの選手たちを待ち構えていたのは熱狂的で知られるジャズファンでした。

大歓声とブーイングで会場の雰囲気をジャズムード一式に変えると、その声援に押されるかのようにジャズの選手たちは覚醒。

ここまでの2戦が嘘のようにジャズがブルズを終始圧倒し、第3Q終了間際には最大20得点の差をつける場面もありました。

決死の反撃を狙うブルズはピッペンの3ポイントやジョーダンのアリウープダンクなどで対抗しますが、全てジャズファンの歓声の前にかき消され流れを掴むことができませんでした。

試合はそのままリードを守り切ったジャズがシリーズ初勝利をあげました。

この試合ジャズはマローンが37得点12リバウンド、ストックトンが17得点12アシストの記録でチームを勝利に導きました。

ブルズはピッペンが当時NBA記録となるファイナルで3ポイント7本を決めましたが、ジャズとジャズファンの一体感の前に敗北を喫しました。

 

第4戦(73-78 ユタ・ジャズ Win)

依然ブルズリードで迎えた第4戦。

試合は序盤からロースコアな展開となり、ジャズが先行しながらもブルズもすぐに追いつくというシーンがなん度も繰り返されました。

前半を38-35で終えると、後半もその流れは続き、差がつかないまま勝負は第4Qへ。

迎えた第4Qで試合がついに動き、ブルズがジャズに先行します。

試合時間残り2分2秒にしてマイケル・ジョーダンが3ポイントを決め73-69とブルズが4点のリード。

さらにジャズが次の攻撃をミスしたことでブルズがさらに追加点のチャンスを得て勝利を掴みかけますが、ここで待ったをかけたのがジャズの”アシスト王”ジョン・ストックトンでした。

ブルズがジョーダンに託し2点追加するかと思われたボールをストックトンが寸前でスティールし、そのままコートを横断してジョーダンからファールを奪うとフリースローを1本きめ3点差。

次のポゼッションでもピッペンからファールを奪うと今度はフリースローを2本とも決めて1点差まで押し戻します。

さらにブルズは次の攻撃をジョーダンが決め切ることができず、弾かれたボールは導かれるようにストックトンの元へ。

リバウンドを取ったストックトンはすでにカウンターに走り出していた戦友マローンへ正確無比の超ロングパスを通し、マローンがこれを落ち着いて決めたことでついにジャズが逆転しました。

その後もシュートが入らず窮地に陥ったブルズはファールゲームに移行。

第1戦フリースローを外して敗北した経験を持つマローンが狙われますが、マローンはこのフリースローを2本とも決め切り、最後のジョーダンの3ポイントが外れたことでジャズの勝利が確定。

最後にブライオン・ラッセルが勝利の雄叫びと共にスラムダンクを決めジャズが勝利しました。

この試合ジャズはマローンが23得点10リバウンド、ストックトンが17得点12リバウンド4スティールでチームを牽引。

ブルズはジョーダンが22得点、ピッペンが16得点12リバウンドとイマイチ振るわず、総得点73点はブルズがファイナルで記録した最低得点となりました。

 

第5戦(90-88 シカゴ・ブルズ Win)

対戦成績2-2のタイで迎えた第5戦。

直近2連敗でなおもジャズホームという状況で挽回が求められるブルズにさらなる試練が訪れます。

マイケル・ジョーダンの体調不良。

試合前日に異常な汗で目が覚めたジョーダンは食中毒の診断を受けます。

しかし、幾度となく戦ってきたファイナルにおいて2-2の状態で勝敗が優勝に直結することがわかっている第5戦をコート外から見守るという選択肢はジョーダンにありませんでした。

マイケル・ジョーダンあってのブルズであり、彼なしのチームでジャズに対抗するなど不可能であることが分かり切っていたフロントは危険なことを承知な上でジョーダンの出場を了承し、試合に向かいました。

しかしジョーダンが本調子でないことは明らかであり、ジョーダンが棒立ちとなったままほぼ4対5の状態で試合は進みます。

ストックトンとマローンはライバルの体調がよくないことは承知の上で、それでも出場したジョーダンに敬意を込めて一切手を抜くことなくブルズを蹂躙。

第1Qから最大16点をつけてジャズがリードします。

しかし第2Qに入ると、第1Qほとんど動くことができなかったジョーダンが静かに反撃を開始。

いつものキレはないものの体調不良とは思えないほどの美しいジャンプショットを次々に決め、第2Qだけで17得点と大爆発。

これにより点差を縮めることに成功したブルズは53-49とわずか4点差で折り返すことに成功しました。

しかし後半が始まると、またもジョーダンは動くことができずジャズが攻勢を強める展開に。

しかしエースの決死の覚悟を目の当たりにしたチームメイトたちが奮起し、ジャズにほとんどリードを広げさせることなく第3Qを乗り切りました。

そして迎えた第4Q、力を溜めていたかのようにジョーダンが目覚めます。

最終Qだけで15得点を挙げる活躍を見せ、残り46秒で奪ったフリースローも1本目を決めて85-85の同点に追いつきました。

そこから次のフリースローは外しますが、自らリバウンドを掴み取るとコートを駆け回り3ポイントに繋げたことでブルズに3点のリードをもたらしました。

ジャズもすぐさま2点を返しますが、ブルズも負けじとルーク・ロングリーがダンクで返し残り6秒で3点差に戻します。

たまらずジャズはタイムアウトをとり、それを見たジョーダンは緊張の糸が切れたようにピッぺんに倒れ込みベンチに戻りました。

最後はファールゲームに持ち込んだブルズが点差を守り切り勝利。

この試合ジョーダンは44分間プレイし、38得点7リバウンド5アシスト3スティールを記録。

ジョーダンが体調不良を推して出場しチームを勝利に導いたこの試合は、ジョーダンがこの時インフルエンザにかかっていたという噂が流れたことから”The Flu Game”と呼ばれジョーダンの伝説の1つとなりました。

 

第6戦(86-90 シカゴ・ブルズ Win)

運命の第6戦。

舞台はシカゴに戻ります。

ブルズの2連覇を目に焼き付けようと、ユナイテッド・センターは超満員。

そんな中始まった試合は、崖っぷちのジャズが前半からもう攻撃を仕掛け44-37と7点のリードを奪って折り返します。

後半に入ってもジャズの勢いは衰えず第3Q終了直前まで9点差のリードを奪っていましたが、最後の最後にブルズのジャド・ブジュラーが3ポイントを決めたことで結果的にブルズが1点縮めた形で第4Qへ向かいました。

ポジティブな終わりで第4Qを迎えることができたブルズは第4Q頭にピッペンやスティーブ・カーの3ポイントなどで10得点を連取し、一気に追いつくことに成功。

そこから試合は両者殴り合いの展開に発展し、残り1分44秒で86-86と同点のまま最終局面を迎えます。

次の得点が決勝点になりうることがわかっている両者は決死の守備で相手に得点を許さず、得点が動かないまま試合は残り1分を切る展開に。

ジャズは残り30秒を切ったあたりでストックトンのパスからシェンドン・アンダーソンがゴール下でボールを受け取りますが、まさかのレイアップミスで絶好のチャンスを逃します。

この時ブロックに向かったピッペンがリングを大きく揺らしていたことから反則が疑われましたが、抗議したジャズ側の主張は認められず28秒を残してブルズボールとなりました。

そして伝説の舞台は整います。

ブルズが最後の攻撃を任せたのはもちろんマイケル・ジョーダン。

ジャズもそれはわかっているためジョーダンがボールを持つと同時にダブルチームを仕掛けました。

ジョーダンはそれでも一切怯むことなくドライブで切り込みます。

完全に抜き切れてはいませんでしたが、ジョーダンであればシュートを打つと誰もが思いました。

しかしジョーダンがこの場面で選択したのはパス。

受け取ったのはスティーブ・カー。

カーが放ったシュートは美しい弧を描きリングに収まりブルズにリードをもたらしました。

ジャズはすぐさまタイムアウトをとり、最後の攻撃を仕掛けますがピッペンの値千金のスティールが決まり、トニー・クーコッチが雄叫びと共にとどめのダンクを決めて試合終了。

コートには大歓声と共にブルズの選手とメディアが押し寄せ大混乱状態。

こうしてブルズの2連覇は達成されました。

 

まとめ

今回は「NBAファイナル1997 シカゴ・ブルズ VS ユタ・ジャズ」の対決をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

このシーズンは6度あるブルズの優勝の中で最も相手との実力差がなかった年だと思います。

それゆえに接戦の試合も多く、ジョーダンの勝負強さが発揮されたNBAファイナルとなりました。

やはりNBAファイナルはドラマがあって面白いですね!

他の年のNBAファイナルも同じように紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください!

それではまた次の記事でお会いしましょう!

-NBAファイナル