NBAドラフト

2017年のNBAドラフト

こんにちは!

NBA好きブログライターのおしょうサンドです。

 

世界のバスケットボールリーグの中でも長い歴史を誇るNBA。

その歴史の中には数多くのスーパースターが存在し、幾多の映画のように感動的なストーリーが誕生してきました。

そしてそんなほぼ全てのNBA選手の原点であり、NBAにおいて1年で最も大きなイベントの1つであるのが「NBAドラフト」です。

 

NBAを深く知っていく上で、どの選手がどの年にNBA入りしたのかを知ることは欠かせませんよね!

そこで今回は「2017年NBAドラフト」でドラフトされた選手たちについてまとめていきたい思います。

それでは早速見ていきましょう!

 

2017年のNBAドラフト

2017年NBAドラフトは、現地時間2017年6月22日にニューヨーク州ブルックリン区にあるバークレイズ・センター(ブルックリン・ネッツのホームアリーナ)にて開催されました。

ドラフト抽選の結果、昨年勝率が20勝62敗で30チーム中30位だったブルックリン・ネッツが1位指名権を獲得し、その指名権をトレードで獲得していたフィラデルフィア・76ersがマーケル・フルツを指名しました。

 

1巡目

まずは2017年ドラフトの1巡目にドラフトされた選手からみていきましょう!

 

順位 チーム ポジション 選手名 出身大学 出身国 出身チーム/リーグ(国名) 指名後のトレード先
1 フィラデルフィア・76ers PG マーケル・フルツ ワシントン大学 アメリカ - -
2 ロサンゼルス・レイカーズ PG ロンゾ・ボール UCLA アメリカ - -
3 ボストン・セルティックス SF ジェイソン・テイタム デューク大学 アメリカ - -
4 フェニックス・サンズ SF ジョシュ・ジャクソン カンザス大学 アメリカ - -
5 サクラメント・キングス PG デアーロン・フォックス ケンタッキー大学 アメリカ - -
6 オーランド・マジック SF ジョナサン・アイザック フロリダ州立大学 アメリカ - -
7 ミネソタ・ティンバーウルブズ PF ラウリ・マーカネン アリゾナ大学 アメリカ - シカゴ・ブルズ
8 ニューヨーク・ニックス PG フランク・ニリキナ - フランス SIGストラスブール/ユーロリーグ (フランス) -
9 ダラス・マーベリックス PG デニス・スミス ノースカロライナ州立大学 アメリカ - -
10 サクラメント・キングス C ザック・コリンズ ゴンザガ大学 アメリカ - ポートランド・トレイルブレイザーズ
11 シャーロット・ホーネッツ SG マリック・モンク ケンタッキー大学 アメリカ - -
12 デトロイト・ピストンズ SG ルーク・ケナード デューク大学 アメリカ - -
13 デンバー・ナゲッツ SG ドノバン・ミッチェル ルイビル大学 アメリカ - ユタ・ジャズ
14 マイアミ・ヒート PF エドリス・アデバヨ ケンタッキー大学 アメリカ - -
15 ポートランド・トレイルブレイザーズ SF ジャスティン・ジャクソン ノースカロライナ大学 アメリカ - サクラメント・キングス
16 シカゴ・ブルズ C ジャスティン・パットン クレイトン大学 アメリカ - ミネソタ・ティンバーウルヴズ
17 ミルウォーキー・バックス PF D.J.ウィルソン ミシガン大学 アメリカ - -
18 インディアナ・ペイサーズ PF TJ・リーフ UCLA アメリカ - -
19 アトランタ・ホークス PF ジョン・コリンズ ウェイク・フォレスト大学 アメリカ - -
20 ポートランド・トレイルブレイザーズ PF ハリー・ジャイルズ デューク大学 アメリカ - サクラメント・キングス
21 オクラホマシティ・サンダー SG テランス・ファーガソン - オーストラリア アデレード・36ers/豪NFL(オーストラリア) -
22 ブルックリン・ネッツ C ジャレット・アレン テキサス大学 アメリカ - -
23 トロント・ラプターズ SF OG・アヌノビー インディアナ大学 アメリカ - -
24 ユタ・ジャズ SF タイラー・ライドン シラキュース大学 アメリカ - デンバー・ナゲッツ
25 オーランド・マジック C アンゼイス・パセチニクス - ラトビア CBグラン・カナリア/リーガACB(スペイン) フィラデルフィア・76ers
26 ポートランド・トレイルブレイザーズ PF カレブ・スワニガン パデュー大学 アメリカ - -
27 ブルックリン・ネッツ PF カイル・クーズマ ユタ大学 アメリカ - ロサンゼルス・レイカーズ
28 ロサンゼルス・レイカーズ C トニー・ブラッドリー ノースカロライナ大学 アメリカ - ユタ・ジャズ
29 サンアントニオ・スパーズ PG デリック・ホワイト コロラド大学 アメリカ - -
30 ユタ・ジャズ SG ジョシュ・ハート ビラノバ大学 アメリカ - ロサンゼルス・クリッパーズ

 

 

ポジションの略称
PG ポイントガード
SG シューティングガード
SF スモールフォワード
PF パワーフォワード
C センター

 

2巡目

次に2017年ドラフトの2巡目にドラフトされた選手をみていきましょう!

 

順位 チーム ポジション 選手名 出身大学 出身国 出身チーム/リーグ(国名) 指名後のトレード先
31 シャーロット・ホーネッツ PG フランク・ジャクソン デューク大学 アメリカ - ニューオーリンズ・ペリカンズ
32 フェニックス・サンズ SG デイボン・リード マイアミ大学 アメリカ - -
33 オーランド・マジック SF ウェズリー・イウンドゥ カンザス州立大学 アメリカ - -
34 サクラメント・キングス PG フランク・メイソン カンザス大学 アメリカ - -
35 オーランド・マジック PF イヴァン・ラブ カリフォルニア大学 アメリカ - メンフィス・グリズリーズ
36 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ SF ジョナ・ボルデン - オーストラリア KK FMP ベオグラード/セルビア・バスケットボールリーグ(セルビア) -
37 ボストン・セルティックス SF セミ・オジェレイエ SMU アメリカ - -
38 シカゴ・ブルズ PF ジョーダン・ベル オレゴン大学 アメリカ - ゴールデンステイト・ウォリアーズ
39 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ PG ジャワン・エバンス オクラホマ州立大学 アメリカ - ロサンゼルス・クリッパーズ
40 ニューオーリンズ・ペリカンズ SF ドゥエイン・ベイコン フロリダ州立大学 アメリカ - シャーロット・ホーネッツ
41 アトランタ・ホークス PG タイラー・ドーシー オレゴン大学 アメリカ - -
42 ユタ・ジャズ C トーマス・ブライアント インディアナ大学 アメリカ - ロサンゼルス・レイカーズ
43 ヒューストン・ロケッツ PF アイゼイア・ハーテンスタイン - ドイツ BCジャルギリス/リトアニア・バスケットボールリーグ (リトアニア) -
44 ニューヨーク・ニックス SG デイミーン・ドットソン ヒューストン大学 アメリカ - -
45 ヒューストン・ロケッツ SF ディロン・ブルックス オレゴン大学 アメリカ - メンフィス・グリズリーズ
46 フィラデルフィア・76ers SG スターリング・ブラウン SMU アメリカ - ミルウォーキー・バックス
47 インディアナ・ペイサーズ C アイク・アニグボグ UCLA アメリカ - -
48 ミルウォーキー・バックス SG シンダリャス・ソーンウェル サウスカロライナ大学 アメリカ - ロサンゼルス・クリッパーズ
49 デンバー・ナゲッツ SF ブラトコ・キャンカー - スロベニア KK メガ・バスケット/セルビア・バスケットボールリーグ(セルビア) -
50 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ SF マティアス・レソート - フランス ナンテール92/プロA (フランス) -
51 デンバー・ナゲッツ PG モンテ・モリス アイオワ州立大学 アメリカ - -
52 ニューオーリンズ・ペリカンズ PG エドモンド・サムナー ゼイビア大学 アメリカ - インディアナ・ペイサーズ
53 ボストン・セルティックス PG カディーム・アレン アリゾナ大学 アメリカ - -
54 フェニックス・サンズ SF アレク・ピーターズ ヴァルパライゾ大学 アメリカ - -
55 ユタ・ジャズ PG ナイジェル・ウィリアムズ=グロス ゴンザガ大学 アメリカ - -
56 ボストン・セルティックス SG ジャバリ・バード カリフォルニア大学 アメリカ - -
57 ブルックリン・ネッツ SF アレクサンダー・バゼンコフ - キプロス FCバルセロナ/リーガACB (スペイン) -
58 ニューヨーク・ニックス PG オグンジェン・ジャラマス - セルビア KK メガ・バスケット/セルビア・バスケットボールリーグ(セルビア) -
59 サンアントニオ・スパーズ SF ジャーロン・ブロッサムゲーム クレムゾン大学 アメリカ - -
60 アトランタ・ホークス PF アルファ・カバ - フランス KK メガ・バスケット/セルビア・バスケットボールリーグ(セルビア) -

 

まとめ

今回は「2017年NBAドラフト」で指名された選手をまとめてみました!

いかがでしたでしょうか?

この年のドラフトは3位の「ジェイソン・テイタム」や5位の「ディアロン・フォックス」、7位の「ラウリ・マルカネン」13位の「ドノバン・ミッチェル」、14位の「バム・アデバヨ」など各チームでエースを張っている選手が多くいる印象です。

さらに「カイル・クズマ」や「ジャレット・アレン」、「OG・アヌノビー」など、どのチームの欲しがる選手も多くいるので、今後も選手達のキャリアから目が離せません。

やはりNBAドラフトはNBAの歴史を知ることができて面白いですね!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

-NBAドラフト